アルパインクラブNPOさいたま

当会はアルパイン系の登山を中心とする山岳会です。

〒364-0033 埼玉県北本市本町7-161

info@saitama-mt.jp

山行報告(写真)
このエントリーをはてなブックマークに追加
ここでは当会の山行報告掲載していきます。

山行記録

2017年7月30日 西丹沢 マスキ嵐沢

メンバー:園部、加藤、前田、吉住  記録:吉住

行動記録: 駐車場(8:15)→ マスキ嵐沢標識(9:50)→ 箒沢権現山(13:05)→ 駐車場(14:45)

天候:曇り~小雨

 

天候が芳しくなく、予定を変更してマスキ嵐沢へ。
出発時曇りだったが、お昼より雨。

前日関東全域雨だったにもかかわらず、丹沢はあまり降らなかった為か、水量は少なかった。沢入門編として丁度いい感じのコースだったと。

権現山頂到着頃より小雨。下山時に尾根を少しそれた為、登り返しやトラバースをして下山した。

 

2014年4月3日 ヤカイ沢滑降

 

メンバー:上野、岡田、泉、はるか    記録:はるか

谷川岳の西ゼン沢を山スキーで滑走しようと平標へ登る。
ヤカイ沢の下のほうは土が見えているところやデブリもあり、ルートどりが少し難しかった。

7:00 元橋の駐車場を出発

岩魚沢林道を10分くらい歩き、コンクリートロードが終わったところでスキーをつける。

image (2)

ヤカイ沢を中心に広がる大きな谷を歩く。はじめはゆったりとした登りだ。

image (3) image (4)

ヤカイ沢の右手に大きなデブリがあり、それを避けて進む。
平標山と平標山の家をつなぐ稜線を目指す。

image (5) image (6)

 

11:45山頂に到着
稜線から山頂まではものすごい風と雨。
みんな物を飛ばさないように気を付けながらスキーにシールを貼る。

IMGP7198 IMGP7197

早々と写真を撮って滑り出す。
コンパスの指針が南を指していることを意識し、来た道をもどった。

視界がきかないので4人が一丸となってすすむ。
行きに稜線に出た地点にもどり、そこからは西へ滑る。
あとはどうすべっても高度を下げればヤカイ沢出会い付近にもどれるので、ここでようやく思いっき滑走した。

image (7)

だんだんと風雨が弱まってきたので休憩してお昼を食べる。
ヤカイ沢の谷に入ってからは樹林の間を縫いながら気持ちよく滑り、行きの入渓地点の少し先の林道にでる。

13:20 駐車場に到着。

月夜野インター近くの遊神館という温泉に入って帰った。

 

西ゼンを滑りたかったが来年に持ち越し!
こういう状況での山行はすごく楽しかったという思い出にはならないが、
いろいろ勉強になる。

 

 

 

2014年2月1,2日 スキー&アイスクライミング

 

 

メンバー:上野、武藤、岡田、泉、はるか、本多、佐藤、松田

記録:はるか

2月1日は上野、武藤、岡田、泉さんの4人は朝発でブランシュタカヤマスキー場で山スキーの練習。

はるか、本多、佐藤、松田の大学探検部組は1日の夕方発で夜からの合流。山荘にて宿泊。夜の宴会は探検論やらカラオケやら神田川の「ただあなたの優しさがこわかった」のはなぜかやらで・・・大いに議論が盛り上がった。

IMGP7108 IMGP7109

 

2月2日は霧積氷瀑にてアイスクライミング。上野がリードで3本のコースにトップロープを張る。午前中は人も多かったが午後からは私たちのパーティー+1パーティーくらいで好きなだけ登ることが出来た。個人的にははじめてまともにリードができたので少し自信になった。

unnamed

IMGP7111

IMGP7115

本多、佐藤、松田は初のアイスクライミングだったが楽しめたようでよかった。

2月中にあと何回かアイスに行きたいな~

 

2014年1月11日 三つ峠 四八滝沢

2014年1月11日 三つ峠 四八滝沢

7:30 三宝山バス停の駐車場~9:10 沢への入渓地点付近でアイゼンを装着~10:35 大滝~11:50 15メートルの滝~15:30 三つ峠山山頂~18:55 三宝山バス停

メンバー:上野、武藤、はるか(報告者)

一昨年行った四八滝沢へリベンジ。一昨年は全体にアイスクライミングが不慣れだったこともあり、山頂は時間的に踏めず、大滝上の15メートル滝までしか行けなかった。今回は5時に北本を出発し、7時半から山行開始できた。メンバーは岡田さんが前日に熱で行けなくなり、上野、武藤、はるかの3人だった。70代に50台に20代、こんなメンバーで四八滝沢に行く山岳会は他にないんじゃないかなぁと思いながら歩き出した。

写真 (3)

林道入り口

林道まで車で入るパーティーもいた。ここまで車でくれば30分は短縮できるだろう。三宝山の駐車場にも1台車があり、私たちが準備を始めたころに出発して行ったので、今日この沢に入るパーティーは3隊以上いるねと話していた。

写真 (2)

写真

 

 

写真 (1)

大滝

大滝は(も?)結氷が甘く水流がところどころに見えた。ここで前のパーティーに追いつく。前のパーティーは左側を登ったようだが、私達は右側のもう少したっている面を登った。

写真 (5)上野がリード。残念ながら、写真を撮る私はビレイしているのでリードの写真はなし。

 

 

 

写真

 

その上もどんどん進む。大滝上は2回ロープを出したが、上の方はほぼ小滝の連続で、ロープはいらなかった。

途中で前のパーティーを抜き、沢を詰めていく。さいごの詰めはかなり大変だった。

13:30 やっと頂上付近の林道にでる。

下山もラッセル跡があまりなく、ちょこちょこと登山道からはずれ、登り返したりと苦労した。暗くなる前に入渓地点まで戻ることができ、ほっとした。

車に戻った時には19時5分前だった。後ろのパーティーとは少し話していたし、どうなったか心配だった。

翌日は権現に登る予定だったので、小淵沢まで行き、道の駅で泊まった。道の駅の横にある温泉のラーメンがめっっちゃおいしかった。ビールも最高だっ

 

 

2013年11月30日 日光白根山

 

2013年11月30日 日光白根山

メンバー:上野、牧野、清水、菊地、武藤、泉

泉さんとの初山行。
弥蛇ヶ池まで皆さんと難なく登りました。
ロープウェイ山頂駅下部(白根山取り付き?)から山頂までの北面は氷っていて急登、アイゼン必須です。

 

日光白根

2

3

4

5

6

30分ほど休憩。ここでアイゼンを履く。

7

 

山頂へ向けて出発

8 9

弥蛇ヶ池~山頂は急峻な岩場で、アイゼンが必要。

やっと頂上…かと思いきや本物の頂上は浅い谷の向こう。
少し心が折れそうになりつつも、山頂到着です!
男体山と中禅寺湖が綺麗にみえました。
富士山も見え、流石独立峰の貫禄を誇っていました。

10

11 12

最後の急登

男体山と中禅寺湖

13

 

帰りは南面を下り、五色沼経由で。
思ったよりも時間が掛かりましたが、登山口までたどり着いた時には心地よい疲労感。
天気もよく、心地よい疲労感でした。

帰り道温泉に寄るも、本日終了の立て札が…
しかし牧野さんの交渉術でなんとか温泉にありつけました。

全体的に、スムーズな山行で気持ち良い1日でした!

› more